ぶどう膜炎とは

ぶどう膜炎はどんな病気?

ぶどう膜炎は、眼の中のぶどう膜に炎症がおきる病気の総称です

ぶどう膜とは、虹彩(こうさい)、毛様体(もうようたい)、脈絡膜(みゃくらくまく)の3つからなる眼の中の膜のことです。ぶどう膜に炎症がおきると、ぶどう膜の腫れや充血がみられたり、滲出物(しんしゅつぶつ)が出てくるなど、眼の中に炎症を引き起こします。
すると、通常は透明な前房や硝子体(しょうしたい)が濁り、眼が濁ったものを通して物をみることになるため、かすみ(霧視(むし))や、虫が飛んでいるように見える(飛蚊症(ひぶんしょう))、視力の低下などの症状があらわれます。

ぶどう膜炎とは

ぶどう膜は、眼のほかの部分に比べて血管が多く、果物のぶどうに似ているといわれています

画像:ぶどう膜炎とは

【監修】 横浜市立大学医学部眼科学
主任教授 水木 信久 先生