ぶどう膜炎の治療

治療の種類

ステロイド内服薬

多くのぶどう膜炎の治療の基本はステロイド点眼薬ですが、局所治療だけでは良くならない場合や炎症が強い場合には、ステロイド内服薬が用いられます。炎症の程度やぶどう膜炎の原因となる疾患によって使い方が変わってきます。副作用の発現には注意が必要ですが、適切に使用すれば効果の高い薬です。医師の指示に従って服用しましょう。

自己判断での減量や中止は禁物

ステロイド内服薬は、症状の改善に伴い、少しずつ投与量を減らしていきます。患者さん一人ひとりの状態に合わせて適切な量が処方されますので、症状が良くなってきたからといって飲むのをやめたり、量を減らしたりしないようにしましょう。

【監修】 横浜市立大学医学部眼科学
主任教授 水木 信久 先生