ぶどう膜炎とは

ぶどう膜炎の原因と種類

非感染性ぶどう膜炎は、全身性の疾患と関連するものがあります

ぶどう膜炎の原因には感染症が原因となる感染性ぶどう膜炎と、感染症以外が原因となる非感染性ぶどう膜炎があり、非感染性ぶどう膜炎では、眼以外に全身性の炎症を伴うものもあります。
そのため、ぶどう膜炎は、感染症の既往や眼の症状だけでなく、これまでの病歴や家族歴、また発熱や関節痛などの眼以外の症状などについても確認し、総合的に診断します。

原因によるぶどう膜炎の分類

感染性ぶどう膜炎

  • ウイルスや細菌の感染が原因となる場合

非感染性ぶどう膜炎

  • 免疫反応など、感染症以外が原因となる場合(全身性の疾患と関連するものがある)
  • 原因が特定できない場合(特発性ぶどう膜炎)

代表的なぶどう膜炎
(三大ぶどう膜炎)

サルコイドーシス

眼以外の症状
肺や皮膚、リンパ節など
特 徴
炎症反応として肉芽腫(にくげしゅ)が
あらわれることがある

フォークト・小柳・原田病

眼以外の症状
耳、皮膚、髪の毛など
特 徴
かぜのような症状の後に急激な視力の
低下があらわれることがある

ベーチェット病

眼以外の症状
口の中(口内炎)や皮膚、外陰部など
特 徴
炎症を繰り返し起こし、繰り返す度に視力の
低下がおこる

以下のような全身の炎症が原因で関節炎や皮膚炎がおきている。

  • 関節リウマチ
  • 強直性脊椎炎
  • 若年性特発性関節炎
  • 関節症性乾癬 など

【監修】 横浜市立大学医学部眼科学
主任教授 水木 信久 先生